ホーム 》 講座の特徴

講座の特徴

介護職員は利用者さまの気持ちに寄り添うサービスです。

介護職員とは

介護職員初任者研修資格は、指定の講習を受け修了テストに合格し、さらに職場実習を行うことで取得できます。

特別養護老人ホームや在宅福祉サービス団体、民間の介護サービス企業に所属して、日常生活に支障のある高齢者や障害者の日常生活のサポート(入浴、食事、排泄)など、身体介護を行うのが主な仕事となります。
現在、日本は高齢化社会の進行で、介護職は常に人手不足の状態です。今後、ますます需要が高まっていくと予想されます。

※2013年4月に「ホームヘルパー2級」が廃止され、「介護職員初任者研修」に移行されました。(2012年度までに介護職員初任者研修を修了した方は、2013年度以降に資格を失効する事はありません。)

主な就職先

独自にヘルパーの派遣センターへ派遣登録を行い、登録ヘルパーとして在宅ケアの仕事に就くこともできます。
介護職員初任者研修の資格を通し、ボランティアやNPO法人で福祉活動をする方も多数いらっしゃいます。
雇用形態はさまざまで、準社員や派遣スタッフ、アルバイトなどライフスタイルにあわせて働けるのもホームヘルパーの魅力です。

介護職員初任者研修資格取得後のスキルアップ

さらに介護福祉士の受験資格を得る為には3年以上の現場経験と介護職員実務者研修の資格が必須となります。介護職員初任者研修資格は介護職員実務者研修の資格を取得する際のステップアップになります。 介護職を目指す方の入門資格と言えます 。